Fabiano do Nascimento Super Deep Interview


出会ってからまだそう長くは無いけど、 何か凄〜く昔からの知り合いみたいな人って居ませんか? 

ファビーとは多分過去生で深い繋がりがあって、 我々はもしかしたら兄弟だった様な氣がしています。  

そんな関係性だけに、普段はあまり多く語らない彼に とてもディープで突っ込んだ質問を投げかけてみました。 

最初にこのインタビューを送った時に返ってきた言葉が 「めっちゃくちゃディープな質問だねブラザー!!火の中に放り込まれたみたいな状態になってるよw 普段の僕のスタイルは(Speak less ~ Listen more) だから答えるのはかなりのチャレンジだなあ、ははは!
けど頑張る!」 


What`s up Brother?
 

今実はブラジルに来てて、Cariocaのニューアルバムをオーケストラとレコーディング中なんだ!

物凄く美しい事になってるから日本行ったら聞かせるね。
 


を〜楽しみ!Cariocaにくれぐれも宜しく言っておいてね。
先日LAにCariocaが来た時の事教えてよ。
 

それはもうとんでも無かったよ。彼が長年一緒に音楽をやってるDimos Goudaroulis(チェロ)とGuello(パーカッション)を引き連れて来てくて、LAにあるBlue Whale Jazz Clubで一緒に3セット3時間のコンサートを開催したんだよね。1st set が僕(ギター)とGuelloとSam Gendel(サックス)のトリオでやって、2ndと3rd setはCariocaのオリジナル曲でたっぷりやって、最後は全員で演奏して美しい夜を締めくくったんだ。 


Cariocaとの出会いと今の彼との関係性について教えて。
 

Cariocaとは2007年に初めて出会って以来連絡を取り合ってて、数年後に彼のリオ・デ・ジャネイロから2時間位離れたジャングルにあるリトリート、「Ciranda / シランダ」に行ってから親友になったんだ。彼とは色々と似ている事が多くて友情は凄く自然に深まっていった。産まれた所も一緒なだけでは無く、音楽的な背景や趣味も凄く似てたり、ギターのプレイスタイルも似てたり、共通の友達も多くて、その中の1人がなんと僕の音楽を始めた時の師でもあった叔父さんだったりして。彼とは色々な濃い話をシェアしたり、面白いシンクロニシティが沢山ある。だからこそ彼とは素晴らしい音楽を一緒に創造出来る関係性なんだと思っているんだ。 


今アマゾンのジャングル(Amazonia)が環境破壊されていたりして色んな問題があると思うんだけど、実際何が行われてて何かそれに対してコメントあるかな? 

言い始めたらキリがない位沢山の事が今Amazoniaで行われているけど…僕があえて言いたいのは: I. love. you. Amazonia. 


ファビーの信仰だったり宗教だったり信じてる事って何?
 

僕の信じている事としては、今の世の中に何より必要なのは真の愛とお互いを本当の意味で思いやる気持ちを持ち続ける事だと思っている。愛のある空間が確実に存在する事によって、皆んながもっと安心出来て、もっと繋がる事が出来て、一緒に美しい創造をする事が出来るからね。
 


演奏する曲の中にオリシャ(Orixa/自然神)の名前が色々出てくるけど、それらの意味合いとかルーツとかを教えてくれるかな? 


オリシャのルーツはアフリカの伝統や宗教から来てるんだ。南米、特にブラジルでは現在も深く信仰されていて、「カンドンブレ」、「ウンバンダ」、「アンゴラ」や「ジェジュ」という民間宗教団体がオリシャを祀っている。オリシャは自然のフォースを表していて、森羅万象や人間界にまつわる神話がある。これらの神話は長い時を経て様々な形や場所で語り継がれてきているんだけど、特に音楽と踊りという形で表現されているね。 

各オリシャは自然の要素と繋がっていて、幾つか代表的なのを「ウンバンダ」というリオ・デ・ジャネイロが拠点の宗教団体の教えのもと、説明するね。 

Oxalá (オシャラ) クリスタルを象徴する神 

Ogum(オグン) 空気のフォースが宿る神で、開けた空間と道を表す(戦いの神でもある)
Oxóssi(オショシ) 森の神で野菜や植物をも象徴する 

Xangô(シャンゴ) 山のフォースの象徴で火と岩と鉱山や雷をも表す 

Oxum(オシューム) 滝と深い関わりも持ち、ハートチャクラと繋がっている愛の女神。惹かれ合うエネルギーを象徴し、受胎を意味するオリシャでもある。男女の出会いから出産まで、そして全ての愛のある人と人の出会いを取り仕切るのがOxum。原子同士が引き合い新たな成分が創造されるのもOxumの働き。 

Iemanjá(イエマンジャ) 海のフォースの女神  

Obaluaê(オバルアエ) 聖地や古墳のフォースを象徴する 

Nanã(ナナ) Obaluaêと共に沼に鎮座し、地球の象徴 


Soundcloudにサント・ダイミの曲があるけど、彼らについてちょっと説明してほしいな。

曲の意味合いとか、自身の関係性とか。 

サント・ダイミはブラジル側のアマゾンで産まれた宗教なんだ。Raimundo Irineu Serra (Mestre Irineu)という人物が原住民との関わりや経験、そしてアヤワスカによる自身のヒーリングを通してヴィジョンと教義を授かる。そしてこのジャングルの秘薬をその地域の人達に紹介するヴィジョンを観てからその活動を開始し、そのヒーリング力の強さを実感させるだけでなく、自ら宇宙からのメッセージを受け取り、それを音楽(Hymn)という形でひろめていったんだ。強力な秘薬だけに、参加者が自由になんでもありになり過ぎて、精神性を見失わない様に鍛錬の重要さも教えていった。 

僕にとってこれらの曲はとても美しいメッセージとエネルギーに満ちていて、皆んなで歌うと凄くクリアにそれを感じ取る事が出来る。だから演奏する時もレコーディングする時もその氣を呼び起こせる様に心がけているよ。
 


あと、SoundcloudにAum`banda、AquarelaとかCirandaって言うプレイリストがあるんだけど、どういう意味があるの? 


これらはソングブックのタイトルで、それぞれのソングブックに選抜された曲が入っていて、

それぞれには独自のヴァイブレーションがあるんだ。
 


なんでBeija Flor(ハミングバード)についての曲を沢山演奏してるの?どういう意味があるの? 

Beija Florはとても周波数が高い光、歓び、そして安定性を象徴しているんだ。物凄い早いスピードで飛行して、いきなり完全停止する事が出来る、すなわち光り輝く歓喜と正確性を高い周波数で同時に表現出来る。そしてBeija Florはスピリットの世界とのコネクションの表しでもあり、精神世界へのリンクであり、使者でもありメッセンジャーでもある。あと、Beija Florと出会うと幸運と歓びのサインなんだ。


食べ物はどんなのが好き?LA在住って事で、LAは世界的に見てもオーガニック・ライフスタイルの最先端だし、ファビー自体もそういうライフスタイルなの?どこかオススメのお店とかあったら教えて! 

オーガニックなライフスタイルをとても重視してるよ。愛を込めて丁寧に作ってある食事はどんなのでも好き:)国籍は問わず。 

今LAでは素晴らしい食事が出来るお店が沢山あって、僕はベニスビーチに住んでるんだけど、凄くチョイスは豊富だね。個人的にはErewhonっていうオーガニック・マーケットの食が好き。 


音楽以外だと何するのが好き? 

自然の中にいるのが好きだね。友達と過ごすのも好きだし、子供や家族とゲームするのも楽しいし、動物も大好きで鳥と犬が好きかな。 


今回のツアーには”Fabiano do Nascimento Japan Transformando Tour”というタイトルをつけたんだけど、ファビー的にはどう受け取った? 

僕達が一緒に植えて周る種には希望がある。その種の中にあるのは変容。そんな美しい真実に成長する為にはどんな種にもケアと水と太陽の光と愛が必要不可欠。

このツアータイトルには真の愛へと変容する意識、希望の意図が籠められていると信じているよ。 


日本と日本人の印象と古代からの精神性について知ってる事があれば教えて。何か日本でやりたい事や感じたい事ある?
 

日本は美しい所で人も美しいし、歴史も深く、文化は豊かでいて謎が多い。もっと深く知りたいよ。日本に行く度に感じた事は表に出てない何かが表面下でありそうだなと。

自然と田舎には色んな古代からの物語がある。街も魅力的。ブラジルとはだいぶ違うね。 

8年前位に2回ツアーした事があるんだけど、その時田舎にあるお寺で演奏する事が出来て、凄く思い出深い体験だったなぁ。日本に戻るのが楽しみでならないよ。
今まで出会った日本人の友達は誰もが僕の人生の中で強烈なインパクトを与えてくれた人達だよ。 


ファビーの人生において天命はあると思う?あるとしたら何? 

僕はただ皆んなと同じ様に、今ここに居るだけ。存在し、学び、成長し、道が開く度に進む。

選択するチョイス、フォローする夢、乗り越える困難が僕達の天命が何であるかを教えてくれている。でもそれは自然と同じ様に一瞬で変わりうる。それだけに天命が確実に何なのかは確信出来ないけど、常に感謝と歓びを持ち合わせて進む様に心がけている。

常にその瞬間のベストを尽くし、愛を持って自分の行いに全てを捧げる。

そして自分と自分の周りにいる人達に歓びを運べる音楽を創造出来る様にベストを尽くしたい。 

答えられるかわからないとか言っていたのに、蓋を開けて見れば、素晴らしい答えを返してくれたファビー!若くしてミュージシャンだけでは無くシャーマン的(本人は嫌がるが)な一面も引き出す事が出来た今回のインタビューは凄く貴重でレアな話を聞く事が出来ました。今回のツアーに籠めた彼、そして我々Taka Ama Haraの熱い気持ちを、是非とも1人でも多くの方々に感じとって欲しい次第です。

0コメント

  • 1000 / 1000